野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年04月14日

一関名物ひと口もち膳

今日はジュニア野菜ソムリエのクッカリーの講師をさせていただくために、一関に参りました。

ひと口もち膳
通過してしまう地に参りますので、そこの名物、うまいものを、いつも狙っていますが、今日これっと決めたのが、もち御膳です。
嬉しい事に、駅前にお店を構えていてくれたので、昼食にいただきました。

冠婚葬祭、季節の行事、折々に餅を振舞ってきたその伝統を、一口ずつ様々な味付けで食べることができるようにと考えられたのが、ふじせいさんの、ひと口もち膳です。

右上から、納豆もち。糸を引くことから不祝儀には使わないのだそうです。下にくるみもち、じゅうねもち。じゅうねは、滋養が知られている、えごまの実をすり潰したものです。
あんこもちは一番最初に振舞われる事から、この膳の時も、一番最初にいただきました。
中央の大根おろしは甘酢がさらにさっぱりとさせてくれます。
ずんだもちは本来は夏から秋のものですが、最近では通年出していただけます。
しょうがもちはしいたけと根しょうがのさっぱり味、ごまもち、えびもち。小さな沼えびはだしがたっぷり出ます。
これにお椀がついていて、そこにも、小さいお餅が入っていました。

少しずつ、様々な味わいをいただきたい、そんな思いを満たしてくれる御膳でした。

私の他も、皆さんよその地からのお客様で、口々に「いい、名物をいただいた」と喜んでいらっしゃいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form