野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年05月25日

琉球銘菓といえば

王朝時代に生まれた、由緒ある琉球菓子といえば、ちんすこうを思い出すでしょうか?

琉球菓子
小麦粉と砂糖、そして沖縄らしくラードを合わせているのが特徴でしょうか。
サクッときて、そのあとで口どけ感のある食感です最近では、紅芋を混ぜた紫色のちんすこうも、ポピュラーになってきました。

さくさくのパイ生地でごま餡を包んだ揚げ菓子、闘鶏餃(たうちいちゃう)は鶏のとさかに形を模しているところから名前がついたのだとか。
サクサクというより、ザクザクといった食感が楽しいお菓子です。

そして、テンペストの中に出てきた事から復刻されたのが、千寿糕(せんじゅこう)。
胡麻と落花生の餡に、きっぱん(柑橘類の皮を砂糖で煮詰めたいわばピールです)をアクセントにして加えパイ生地で包み焼き上げています。
蓮の花を模して作られたそうで、白い中心の部分に点々が付いているのが、そんな気がします。
もっちりとした不思議な食感に、オレンジ風味がほんのり香る、異国情緒漂うお菓子です。

ちんすこう本舗新垣菓子店のお菓子

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form