野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年06月26日

モンサントの不自然な食べ物

モンサントという名前を知ったのは、2007年に野菜ソムリエの勉強をしている時でした。

モンサント遺伝子組み換えの勉強の時に、自社の農薬つまりラウンドアップに強い農作物を、遺伝子組み換えで作り出している米国企業がモンサントということです。
雑草を取る労力を軽減できるといううたい文句ですが、除草剤を使わなくて良いということではありません。
ラウンドアップに強い大豆だったり、とうもろこしだったりの種を使った時にだけ有効なわけです。
知らず知らずのうちに、農業がモンサントに支配されていくというのが、この映画から見えてきます。
すでに、固定種や在来種といった場所にも、その力が浸食しているというのです。

日本でも遺伝子組み換えのものは、国内に入れないようにしようという運動もありますが、それを食べた人間に、どのようなリスクが表れるかわからないからというのが、あったように思います。

でもこの映画で現状を知ると、私たちの、子供や孫、数代先の人類の体がどうのという前に、遺伝子組み換えの野菜たちが悲鳴を上げ、実を付けないという姿に直面する、食べるものがなくなる日がそこにあるようで恐い気がしました。

私たちは築き上げてきた物を、一瞬で破壊してしまう恐ろしさを、どれだけ繰り返したら、学習するのでしょう。

人間は馬鹿じゃないから、きっと誰かがなんとかしてくれるよと、いつも誰かが言います。
そうであってほしいと願わずにはいられません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form