野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年09月04日

久慈のおいしいもの

前回久慈にお邪魔したのは3月の頃でしたから、まだNHKのあまちゃんが始まる前でした。

久慈のおいしいもの久しぶりに訪れた久慈は、なんだか少しばかり、活気付いているようなそんな気がしました。
町のいたるところに、海女の顔出しパネルがあり、見るたびに、顔を出してみたくなります。
髭面のおじさんも、あまちゃんです。
音楽は潮騒のメモリー、そして橋幸夫の歌声、歩きながら思わず口ずさんでしまいます。

今日は宇部中学校様の思春期講演会に呼んでいただきました。
せっかくの久慈ですからと、久慈にお引越しなさった生徒さんと久慈の美味しいものを食べましょうと、早い時間に到着して楽しみました。
産直で珍しい野菜に出会い、着いたばかりでこれからというのに、籠の中にあれもこれもと買い込む私を見て、笑うしかないといった様子でした。
ズッキーニに似た韓国かぼちゃ、昔はメロンといえばマクワウリ、その黄色を見つけました。
黄色いフルーツトマト、まだ白い粉がついたままのプルーン、ずんぐりした地きゅうりの糠塚きゅうり、そして早生りんご。
全部で650円という安さにも驚きです。

昼食は野菜ソムリエさんがいるレストランで知られる、エルコリーヌさんで野菜たっぷりリンギーネをいただきました。

心も体もなんとなくまあるくなったそんな気分で、中学生達に向き合ってきました。
吸い取り紙のように、輝く眼が私の言葉を吸い込んでいく、そんな感覚が、教室に広がって、緊張ではなく、まじめな時はまじめに、面白い時は思いっきり笑う、そんないきいきとした2時間でした。

自分の体は、もはや自分が選んだもので出来ているという年齢になったのだということを受け止め、選ぶ力を養っていくことの大切さを最後にまとめとしてお話いたしました。

さて、帰りにはさらに、デストロイヤーという覆面レスラーの名前のついたじゃが芋や、かぼちゃ饅頭も増え、うれしいこと、楽しいことに比例するような重さを腕に感じながら、久慈を後にしました。

宇部中学校の皆さん、これからが、とっても楽しみだよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form