野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年11月12日

野菜大好き!inめぐみ幼稚園

盛岡市の地域社会教育促進事業「学習選択講座」の講師を年間で3回お引き受けしておりますが、今日が25年度の3回目の講座、「野菜大好き!」をめぐみ幼稚園様で開催させていただきました。

講話のタイトルは、一般向け「その一食美味しく食べていますか?」、児童、学生向けには「野菜博士になろう」、園児向けには、「野菜大好き」をご用意させていただいております。
今日は、園児向けの「野菜大好き!」でのご依頼を受け、幼稚園に出むきました。

園児100名とお母様方21名の参観で、みんなの知っている野菜、野菜にまつわる素噺、歌って踊っては、私の曲「野菜大好き!」、指定14品目の野菜について、そして読み聞かせのはらぺこあおむしで1時間楽しんでもらいました。
2歳から6歳まで、1時間付いてこられたのは、すごい事です!
それを飽きさせず付いてこさせた、自分も褒めてあげたいと思いましたが、とにかく反応のよい子供たちに助けてもらいました。

初雪が昨日振り、今日も随分寒い中、汗だくの一時でした。
知っている野菜の名前の一番最初に出たのが、ズッキーニ!これには驚きました。
次々と出てくる名前、いちご、メロン、スイカも野菜だからと名前があがり、こちらが眼を丸くしました。

お母様たちにもお伝えしましたが、土の中にある野菜の名前が、にんじんしか出てこなかったのは、家庭での根菜の煮物などが少ないことを現していることを、感じました。

お母様たちが、私と子供たちのふれあいを見て、もっともっと子供たちと、体を使って体当たりで遊んで欲しいと思いました。

【かおるばあちゃんの今日のお小言・その14】
このあと時間を取って、お母様方と質疑応答させていただきました。
その中で2歳の子が、野菜はフライドポテトしか食べないというお悩みをお聞きしました。
この時、私の頭の中に浮かんできたのがマックでした。
思わず、2歳の子がフライドポテトにたどり着いたいきさつを尋ねますと、申し訳なさそうに「マックです」。
あたりです。
子供は油で揚げた、塩味のする、このはまる美味しさに一気に慣れてしまったのです。
いまからでも、じっくりそのままの味を離乳食のつもりでやって欲しいことや、他の野菜も素揚げする事で美味しくなる事をお伝えし、ぜひ塩抜きで体験させてあげる事など提案させていただきました。
子供の口が、マックに慣らされてしまうのは、あっという間という人体実験をきくようでした。
すりこみの恐ろしさを知らなくてはなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form