野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年12月12日

野菜と健康講演会

盛岡市東厨川地区保健推進員協議会様、盛岡市保健所健康推進課共催の、シニア野菜ソムリエによる講演会を開催いたしました。

ズンドコ節で体操免疫力を高める野菜の調理法というタイトルで、栄養士さんの講演も第二部に用意があったので、私はいつもの通り、野菜プラス心イコール健康を軸にお話させていただきました。

一段と寒く、雪が舞い散る中、足を運んでくださった多くの高齢者の皆さんは、本当に色艶のよいお顔で、ぴんぴんころりといくために、あんなこと、こんなこと、とにかく面白かったらたくさん笑って、そして病気を撃退しましょう!それも免疫力です。
ラジオの声の人に会えてよかったとか、感動したとか、こういうお話をぜひ続けて言って欲しいとか、先輩方にエールをいただいた思いでした。

座ってばかりでは足もしびれる・・・ということで第二部のお話の前には、♪きよしのズンドコ節にあわせて軽い運動を私もさせていただきました。

第二部の、高齢者施設で調理をしている栄養士さんのお話は、大変興味深いものがありました。
刻み食しか食べることができないはずの人が、ラーメンなら、嘘みたいにずるずると上手に食べることや、もう飲み込むこともままならない人が、寿司を鷲掴みにして頬張って、ちゃんと飲み込んだというのです。
もちろんその後のケアー、見守りは大切ですが、食事となると、思わぬ力を発揮するものだとおっしゃっていました。

人は死ぬまで口から食べてこそ。また再確認させていただいた一時でした。

参加者の皆さん、合言葉は「ぴんぴんころり」です!

【かおるばあちゃんの今日のお小言・その16】
最近おじいちゃん、おばあちゃんが優しすぎますよ。食に関しては、特に頑固になって欲しいです。
孫が来るからと、一緒にマックなんてコマーシャルがあるけれど、おじいちゃんと行ったマックなんて、記憶に残りませんよ。
なけなしの小遣いで、彼女と一緒に食べたマック、クラブで優勝して、友達と分かち合ったマック、マックの想い出ってそんなものです。
田舎に行ったら、いっつも煮物と漬物、箸の持ち方を注意され、畑から野菜を採って来いとたたき起こされ・・・後からじんわりとありがたみが効いてくる、それでいいんだと思います。
少なくとも、私はそういうおばあちゃんになるんです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form