野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2013年12月18日

柚餅子

様々な地域で、ゆべしというお菓子が売られていますが、その原型を映画の中で観ました。

武士の献立加賀藩の包丁侍と呼ばれた料理人のお話、武士の献立を観てきました。
和食が世界遺産に登録されて以来、包丁の扱いや、出しのとり方などを、テレビでもよく観るようになってきました。
その中でゆべしの原型が出てきているのが、気になりました。

柚子が橙に色づく12月になると、「柚餅子」づくりが行われるのだそうです。
柚餅子とは、保存食の一つで、柚の中身をくり抜き、皮の器の中に、砂糖やクルミ、胡麻等をと混ぜ合わせた「練り味噌」を詰め込み、2時間ほど蒸した後、自然乾燥で約2ヶ月かけて一つ一つを丹念に仕上げた、独特の風味と香りがある珍味です。
映画の中では、和紙に包まれた、柚餅子が吊るしてある様子がありました。
なるほど、ただ柚子の香りがするだけでなく、それごと作るからゆべしなのです。

本物、食べてみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form