野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2014年05月16日

和食の祭典in八戸

全国の老舗料理屋が集結して、和食の祭典が、八戸で開催されました。

田村氏昼の部、夜の部の2部仕立てで、昼は懐石弁当を頂ながらの、つきぢ田村の田村氏の料理セミナー、夜は美食会で和食のコース料理をいただくという趣向です。

田村氏曰く、愛情があってもまずいものはまずい。
いったい何が愛情なのか。
それは、やはりちょっとした気遣いなのです。
たとえば味噌汁なら、具だけを煮ておいて、食べる人の分だけ味噌を加えて出すという事。
そうすれば、遅く帰ったご主人も、香りの高い、味噌汁がいただけるというのです。
言われてみると確かにそのとおり。

一番だしの極意は、その場で見せていただきました。
その都度、なぜを的確に教えてくださるので、する意味がやっとわかった気がします。

煮物もなぜたくさん煮ると美味しいのでしょう。ちゃんと意味があるのですね。
これはこれからのクッカリーの授業で、しっかりと皆様にお伝えしていきたいと思います。

知っていただくと、さらに美味しい会でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form