野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2014年05月07日

ティーバッグの美味しい入れ方とアイスティー

紅茶の初級クラスの個人レッスンをいたしました。

ティーパンチのテーブル一番簡単に使えて、どこのお宅にもある紅茶といえば、ティーバッグではないでしょうか?
その紅茶も、入れ方次第で、格段に美味しくなりますし、やっぱりティーバッグは閣が下だわと思うような、まずい紅茶もはいります。

お湯を沸かすのはいつもどおり、違うのは、お湯を先に入れてから、紅茶を浮かべるように入れることです。
ティーバッグは、じんわりと給水し、ゆっくりと沈んでいきます。
そして時間になったら、振らない、しぼらない、すっと引き上げるだけです。
「香りまで違います!」
そこまで差が出るのですね。

夏場に向けて家でできたら嬉しい、アイスティーは、二度取りのアイスティー。
こし取った紅茶を、氷を入れたピッチャーに一気に入れて一回目。
そのままにしておくと、氷が溶けて、薄くなってしまうので、氷をこし取るのが2回目という訳です。

それを果物を入れた、ティーパンチでいただきました。

紅茶が世界に広がっていった背景や、お茶をいただくシーンなどの座学もあり、私も楽しいティーレッスンでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form