野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2014年11月10日

岩手国体スイーツ撮影

今日は、2016年に開催される岩手国体のスイーツにエントリーしていた、盛岡カレッジオブビジネスのパティシエ科の生徒さんの、スイーツ撮影がありました。

スイーツ撮影現場撮影の時には、ただ作ればいいというわけではなく、色合いだったりが美しく見えるように配慮して、時には味が少し変わることがあっても、写りを優先して作るという事もあります。
本来アピールしたい部分を少しデフォルメしたり、硬さを調節したりします。
また、盛り付ける皿や器のイメージ、下にしくクロスの色や素材というのも、とても重要です。

「先生、写真撮影なんて、すぐ終わりますよね」
いえいえ、相手がどう撮りたいかもある訳ですが、自分が作り出したお菓子のどこをPRしたいのか、そのように撮ってもらえているのか、自分もきちんと言えなければいけません。
切り口に入ってしまったエアーはどうするのか、タルトから外れてしまったナッツの穴はそのままでいいのか、お菓子の正面はどこにしたいのかなど、カメラマンに忠実に伝えるというのも、必要な力なのです。

自分のことだけでなく、他の人がどのように話し合いながら撮影されていくのか、そういうところにも興味が持てる人は、何倍も力が付くのに、そういうことに気づかないのはとても残念な事です。
実践でしか学べない事は、どんどん前に出て、吸収していって欲しいなと感じた授業でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form