野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2014年12月04日

地域食材を使ったレシピ提案

秋田県雄勝郡羽後町で開催の野菜ソムリエから学ぶ地元食材による食品セミナーも後半戦、4回目の「地元食材を使ったレシピ提案」をいたしました。

秋田の駅弁今日の講義は、自分としても、今までプロデュースしてきた、さまざまな商品の総まとめといってもよい内容でした。

まずは前回の「地元食材のPR方法」の中で出てきた、葉ねぎを使って、私が作ったレシピと、その撮影方法の違いで、どんな風に見えるのかという部分を見ていただきました。

次に取り組んできた事例として、商品になる前の段階から取り組んできた果実「アロニア」の展開、次に、今回招致してくださったコーディネーター橋本征子さんと共に関わった、ご当地バーガーたのはたバーガーの展開、そして行者にんにくを使ったレシピを参照に、絵コンテから、写真撮影におこす様子を見ていただきました。

ワークショップでは、自分がこれを紹介したいという食材を選び、それのPR方法を、次回の写真撮影に向けて考えてもらいました。

さていつも、会場に着いてからいただく昼食ですが、3回続いた西馬音内そばから、秋田の駅弁にチェンジしました。
あきたおばこ弁当、あきたこまち弁当、どちらも、パッケージは、秋田美人の写真というのも、秋田のどこにも負けないという力を感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form