野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2016年01月21日

2020年東京オリンピックの農林水畜産物調達への提言

持続可能な日本産農林水産物の活用推進協議会(略称:日本産推進協議会)が設立されました。

先週の農水省FCPでのご縁で、この設立の記者会見にお呼びいただきました。
東京オリンピック・パラリンピックの一次産品の調達基準について、農業、林業、水産業、畜産業の産業界としても、正しい情報を共有し、議論し、情報発信する必要性があること、オリンピックの選手村での、国産食料の提供が出来ること、さらには海外の人達に知っていただいた日本の食から、海外輸出増加への対応ができるようになることなどを念頭に発足したようです。
2012年のロンドン大会で義務的基準を作り、安心安全なものを提供してきた経緯からして、東京開催で、それよりも基準が低く設定されるとは思えませんので、一次産業に携わっている皆様が、様々な認定制度にも興味をもち、その動向を見ていかなければならない時期になってきたようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form