野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2016年04月07日

中国福建省紅茶の旅から戻りました!

紅茶研究家磯淵猛先生と中国紅茶の旅に行ってきました。

紅茶の旅福安坦洋村で工場見学、政和龍源茶園と工場見学、武夷山で大紅ぼうの茶の木を見学、一番の見所、桐木村で正山茶業で正山小種についての、24代目仁氏から学び、林則徐記念館見学、元泰茶業見学テイスティングと、とにかく紅茶三昧の旅でした。
日に何杯も紅茶を味わい、紅茶とはいえ、入れ方は中国茶の入れ方で、じっくりと蒸らすというものではないということがわかりました。
ですから、私たちの手に届いたときには、強い味わいだと思っていた紅茶も、実は一煎ごとに味わいを変えるお茶として、中国では飲まれているのです。

正山小種が最初に偶然に作られた桐木村で聞いた、その発祥は大変興味深いもので、なぜその製法が隠されたままだったのか、それを知ると、胸が熱くなります。
紅茶の味わいを正しくお伝えすることで、桐木村の奇跡を、守っていきたいそんな気持ちになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form