野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2018年05月07日

長井鞠子さんを囲んで勉強会

同時通訳の最高峰、長井鞠子さんを囲んでの、ランチ勉強会に参加させていただきました。

勉強会自分の文章は、ちゃんと「。」で、落とし前をつけて話す。
あっ、耳が痛いと思いました。
日本語は、俳句に見られるように、文脈や、文の間にある雰囲気を、忖度するようで、どうも、話し出した私たちは、いつのまにか、どこか違う地点に着地してしまいます。

主語の後に動詞がくる英語には、そんなことが起こりません。
そこにプレゼンテーションのなんたるかが隠されているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form