野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2018年07月09日

東京すし和食調理専門学校研究科講師夏の素材

東京すし和食調理専門学校研究科の講義は夏の素材を使った調理実習です。

夏の素材の調理実習味の夏野菜のマリネは、生徒さんに鯵に串を打ってもらって焼いて使いましたので、なおさら立体的な盛り付けになりました。
指示しなくても、千切りしたマリネ野菜を少し土台にすることで、鯵がずれずにすむように、盛っています。
ご飯はトマトの炊き込み。こちらも、針しょうががちゃんと針。
スイカで寒天を作り、おまけに、捨ててしまう、白い部分をぬたにして、添えました。
豆は、えだまめ、いんげん、そらまめ、グリンピース、すべて皮をむくところから。
下処理の仕方と、茹で方、その後の扱いの違いを学んでもらいました。
その出来が、全部を口に入れたときのリズムの違いを生み出します。
なすのポタージュも、皮を素揚げにして、盛り付けも美しい。

ちょっとした盛り付けの気遣いが、研究科は良くできているなぁと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form