野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2018年10月01日

東京すし和食調理専門学校研究科講師秋の素材東京

東京すし和食調理専門学校研究科の、秋の素材を使った調理実習をさせていただきました。

秋の素材でれんこんは、シャキッとした食感を活かした、茨城産を使い、炊き込みではなく、混ぜご飯に。
汁は、様々な具材を入れて煮る、その煮えるときの音がクツクツ、クッタクッタと、まるでおしゃべりしているようだからと名前がついた、しゃべこと汁。
和え物は、小松菜とかに、木綿豆腐をカッテージチーズに見立てて和えました。
秋の鮭は、皮ごと竜田揚げにして、きのこたっぷりのあんをかけました。
デザートは梨のレモン漬け。

今回も野菜果物の多様性が伝わったのではないかと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form