野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2018年12月10日

東京すし和食調理専門学校研究科講師冬の素材

季節ごとの野菜果物を使った料理を学ぶ、東京すし和食調理専門学校研究科の講師も、冬の素材で今期最後の授業でした。

冬の素材の料理せりを使って根ごと丸ごとせりご飯にしました。根は炊き込み、上のほうの葉は、蒸らすときに入れることで、色がとてもきれいです。たっぷり食べることが出来るのも嬉しい。
メインは大根のステーキと、おろしと共に煮込んだ豚肉の塊です。
根菜はご飯のお供のたらこで煮込むというもの。グリル野菜を使うことで、甘さは野菜からごんと出ています。
太く育った冬のねぎ、下仁田ねぎを使ってスープに仕立てました。トッピングにはお餅を素揚げして。
冬にも旬を迎えるいちごは、甘味と酸味を白菜と共に黄身酢でいただきました。

和食なのか、多国籍なのか、でも調味料は和。
野菜ソムリエならではのご提案ができたのではと思っております。

研究科の生徒さんは皆就職が決まっています。
皆さんの発想の一つとして、少しでも頭の中に残ってくれたら幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form